Top‎ > ‎試合情報・結果‎ > ‎

ツバサ OPBFタイトル3度目の防衛!

2018/09/29 7:50 に BOXING GYM E&J CASSIUS が投稿   [ 2018/09/29 8:02 に更新しました ]
9月29日(土)後楽園ホールで行われた『DANGAN216』セミファイナルで行われたOPBFミニマム級タイトルマッチは、チャンピオンの小浦翼(E&Jカシアス)が3-0の判定で冨田大樹(堺東ミツキ)の挑戦を退け、3度目の防衛に成功した。



試合は序盤、お互い足を使って互いの間合いを探り合う立ち上がり。

そこから徐々にツバサは冨田のジャブにあわせて得意の左ボディーから左右のストレートにつなぎ、冨田の動きを止め、試合の主導権を握る。

中盤もツバサが間合いをコントロールする展開となり、終盤11ラウンドで右のストレートで冨田からダウンを奪い、圧倒的な展開となる。
判定でツバサは3-0で勝利した。

試合後のインタビューで、ツバサは
『世界を目指して、これからもっと練習します。応援よろしくお願いします!』と応えていた。


ツバサおめでとう!カッコよかったぜ!

DANGAN216
セミファイナル
OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ

○ 小浦 翼(E&Jカシアス) vs ✕ 冨田大樹(堺東ミツキ)
判定 3-0
117-110,119-108,119-108




























見学や体験入会随時募集しています
Comments